読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛シタガリでメロドラマ

スキマスイッチと滝翼を主に、好きをひたすら語りたいブログ

「『虹のレシピ』のレシピ」のレシピ

ある意味完全体。この辺りがピークなんじゃないかしら、体重的に。個人的には体型よりも髪型が気になる。

でも愛でます。それはそれで可愛い。若くても歳を重ねても、痩せていてもぷにぷにでも。何より歌声の素晴らしさは褪せない。

それから、二人の空気感が変わったなぁ、と。あくまで個人的見解でしかないけれど穏やかというかより自然なものになったと思う。色々あったことを念頭に置いて見てるからそう思うのかもしれないけれど。

 

そしてアフロ断髪後の常田さんがイケメン度アゲアゲで直視できない……。ちょっと反則です。

こういう本当にメイキング、舞台裏って感じの特典映像ってすごく良いね。どういう風に出来上がっていくのか拝見できるのはとても有難いと思う。勿論、特典として企画して作ったものも大好きですが。

あ、空気感が変わったと言ったけど途中ちょっとん?て思う所も無くはなかった。常田さんが何か腑に落ちない感じが、少し。そこはきっと二人の中の何かしらの過渡期の象徴的な事かなって勝手に思ってるけど。

何かが変わって行く時に皆が皆すんなり移行できる訳ではないと思うから。

 

今まで「スキマスイッチ」として二人で完結してた、閉ざされてた所を大橋さんがソロ活動で意識が変わって開放してみる事を提案したようなイメージで。それが常田さんの戸惑いに繋がってるのかなって。自分のレーゾンデートルとかそういう意味合いで。

勿論勝手な解釈です!実際のところ所詮ファンなんて表部分しか見られないのだからその分色々裏を予想してしまうって事。

なんか今回真面目。

でもね、やっぱり色々思う部分があって。大橋さんが今までの事も否定せずに新しいスタイルはそれはそれでやり方の一つでしかないと言ってくれた事が遅まきながらも嬉しかった。それは勿論音楽家としての柔軟性、良い物を作る為に必要な部分なんだろうけど、常田さんに対する最大限の敬意と優しさでもあるように思えて。

お互い認め合ってるっていうの、すごく素敵だよねぇ。

 

でも流れで観てるから、明らかに変わっていく大橋さんにちょっと切なくなったりwけれど、コーラスの件で「全部じゃんこれwえー自分でやってくれよシンタくん」の辺りがあぁ、大橋さんだwと少しばかり安堵。

 

今作はライブの舞台裏みたいなのもモリモリ入ってるけど、この方達は気負いとか一切ないよね。すごーくラフ。

「ドランクモンキーズ」で常田さんが凹むの、すごく好きw

 

ちょっとねぇ、映像盛りだくさんすぎて気に入った部分触れてたらキリがないねぇ。

にっこにっこしてるのは安定の可愛さだし、お手手繋ぐところは見てるこっちが照れる程初々しいし、子供達は可愛いし。

だけど何より触れるべきはやっぱデートでしょう。ご本人が仰いました。ワタシコノ耳デキキマシタ。

定評のある大橋さんの運転シーンも拝めましたし(えらく不安だったけどw初っ端サイドブレーキどこ?だもんなぁ)大橋さんは助手席の方が似合ってるというのは個人的感想。だってずっと歌ってくれるとか最高すぎるでしょ。あ、これは感想というよりも私情だねw

スキーに関しては最早なにも突っ込みようがない。上手いんだもん。地元にスキー場があるせいで小学生の時は毎年スキー教室(強制)があったのをサボり倒して1回しか参加していないって位ウィンタースポーツ嫌いな私からするとほえーすごーい位の感想しか抱きようがない。私なら一時間で立派な雪だるまになれる自信があるw

 

そんなわけでとってもとっても盛り沢山な特典映像でした。

今度デートってか合宿みたいなんも面白そうで見てみたいねぇ。